不動産マーケティング

アラサー世代が好むインテリアとは?

建売住宅の購買層といえば圧倒的に30代。
だとすれば、30代の趣味嗜好を知ることは、売れる建売住宅をつくる上でとても重要です。

しかし、30代の主婦のホンネを聞くのは中小建売業者ではなかなか難しいというのが現実。そこで参考にしたいのが大手ハウスメーカーが調査した内容です。積水ハウス総合住宅研究所がアラサー世代に人気の住まいづくりについて調査したところ今時のアラサー世代は、

「自分らしさの表現が上手で、家族の時間や友達も大事にし、共に働く意識がすごく強い」そうです。

インテリアの志向としては、
・あまり使わないものは処分
・自分の好きなものに囲まれたい
・赤や緑などの色をアクセントに使う

などの特徴があるそうです。

他にも、今どきのアラサー世代は、リビングを作るからといって、あえてソファーを置かずに床座スタイルを選択したり、カウンターキッチンの前に座の空間を作るなど、子供をいつも見ていられる空間づくりを意識しているそうです。

そのため積水ハウスでは、部屋を壁で区切るのではなく、ワンルームの空間をゆるく仕切ることで、程よい距離感と自分の居場所を作れる、とアドバイスしているといいます。

では、実際にどのようなインテリアにしたいのか?というアンケートを「ポップ」「ナチュラル」「フレンチ」「ビンテージ」という4つのインテリアデザイン例の写真とともに行なったところ、ほぼ人気は均等していたといいます。

つまり、こんなインテリアが売れ筋というのはない、ということ。改めて、インテリアのテイストや好みが多様化していることが分かったそうです。

こんな結果が出ると、やっぱり建売住宅は無難なインテリアがいい、という結論になる人が多いのですが、それは間違い。今どきのアラサー世代は無難なものを求めているわけではありません。好きなものを求めているのです。

だからインテリアでいえば、「ポップ」「ナチュラル」「フレンチ」「ビンテージ」のなかで提案するのが効果的だということ。このジャンルであれば、ほぼ均等にアラサー世代から支持されるということです。

あなたの建売住宅のインテリアはどんなジャンルですか?無難路線を走っていませんか?アラサー世代に支持されたければ、アラサー世代が支持するインテリアを採用しましょう。

それが売れる建売住宅をつくる基本ですよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  2. 建売住宅は企画が8割。
  3. これからの新築分譲会社に必要な能力とは?
  4. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?
  5. できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

関連記事

  1. 売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    不動産マーケティング

    売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    セブンイレブンのコーヒーが買いやすくなったと話題になっています。 …

  2. 成功事例に学べ!売れない商品が爆売れした意外な理由。

    不動産マーケティング

    成功事例に学べ!売れない商品が爆売れした意外な理由。

    「おじいちゃんのノート」が爆売れしています。「おじいちゃんのノート」と…

  3. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?

    不動産マーケティング

    不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?

    「お客様の声を聞け!」と、よく言われます確かに、その通りなのですが…

  4. ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    不動産マーケティング

    ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    あなたの建売住宅をどこよりも売れる物件にしたいなら、まず最初に取り組む…

  5. 人はなぜ家を買うのか?

    不動産マーケティング

    人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。

    人は、なぜモノを買うのか?少し哲学的な質問ですが、これがわかると人は、…

  6. こうすれば新築住宅は青田で売れる!

    不動産マーケティング

    こうすれば新築住宅は青田で売れる!

    建売業者さんの信じている常識のひとつに、新築住宅は完成してから売れ!と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 過去の失敗にとらわれていませんか?
  2. モノづくりだけじゃダメ!これから売れる建売会社は集客が命。
  3. 中小建売業者は高く売る技術を鍛えろ!
  4. 売れる不動産広告をつくるための基本のキホン。
  5. 新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。
  1. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    不動産広告

    思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。
  2. 不動産マーケティング

    選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?
  3. 不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。

    不動産会社経営

    不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。
  4. あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?

    不動産売却

    あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?
  5. 不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。

    不動産会社経営

    不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。
PAGE TOP