不動産マーケティング

アラサー世代が好むインテリアとは?

建売住宅の購買層といえば圧倒的に30代。
だとすれば、30代の趣味嗜好を知ることは、売れる建売住宅をつくる上でとても重要です。

しかし、30代の主婦のホンネを聞くのは中小建売業者ではなかなか難しいというのが現実。そこで参考にしたいのが大手ハウスメーカーが調査した内容です。積水ハウス総合住宅研究所がアラサー世代に人気の住まいづくりについて調査したところ今時のアラサー世代は、

「自分らしさの表現が上手で、家族の時間や友達も大事にし、共に働く意識がすごく強い」そうです。

インテリアの志向としては、
・あまり使わないものは処分
・自分の好きなものに囲まれたい
・赤や緑などの色をアクセントに使う

などの特徴があるそうです。

他にも、今どきのアラサー世代は、リビングを作るからといって、あえてソファーを置かずに床座スタイルを選択したり、カウンターキッチンの前に座の空間を作るなど、子供をいつも見ていられる空間づくりを意識しているそうです。

そのため積水ハウスでは、部屋を壁で区切るのではなく、ワンルームの空間をゆるく仕切ることで、程よい距離感と自分の居場所を作れる、とアドバイスしているといいます。

では、実際にどのようなインテリアにしたいのか?というアンケートを「ポップ」「ナチュラル」「フレンチ」「ビンテージ」という4つのインテリアデザイン例の写真とともに行なったところ、ほぼ人気は均等していたといいます。

つまり、こんなインテリアが売れ筋というのはない、ということ。改めて、インテリアのテイストや好みが多様化していることが分かったそうです。

こんな結果が出ると、やっぱり建売住宅は無難なインテリアがいい、という結論になる人が多いのですが、それは間違い。今どきのアラサー世代は無難なものを求めているわけではありません。好きなものを求めているのです。

だからインテリアでいえば、「ポップ」「ナチュラル」「フレンチ」「ビンテージ」のなかで提案するのが効果的だということ。このジャンルであれば、ほぼ均等にアラサー世代から支持されるということです。

あなたの建売住宅のインテリアはどんなジャンルですか?無難路線を走っていませんか?アラサー世代に支持されたければ、アラサー世代が支持するインテリアを採用しましょう。

それが売れる建売住宅をつくる基本ですよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?
  2. 不動産集客で最も簡単で最も効果のある方法とは?
  3. 値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?
  4. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  5. ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。

関連記事

  1. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?

    不動産マーケティング

    建売会社の社長の常識は世間の非常識!?

    人間とは不思議なもので、いつの間にか自分の常識が世間の常識だと思ってし…

  2. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    私の仕事は、コンサルタント。コンサルタントと言っても様々な分野がありま…

  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    不動産マーケティング

    今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    新築一戸建ての成約率を上げるために必要なことが2つあります。 ひと…

  4. 決断力の磨き方。

    不動産マーケティング

    イケてる経営者になるための決断力の磨き方。

    「わかっちゃいるけど、変われない・・・」そんな経営者がたくさんいます。…

  5. 高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。

    不動産マーケティング

    高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。

    VOSSというミネラルウォーターを知っていますか?ノルウェーのミネラル…

  6. 建売業者はマンション業者に学べ!

    不動産マーケティング

    売れる商品企画はマンション業者に学べ!

    建売業界とマンション業界、どちらがチャレンジ精神が旺盛かといえば明らか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 不動産集客はキャッチコピーが8割。
  2. 売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…
  3. 新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。
  4. ”e-住み替え”誕生物語。
  5. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは…
  1. 売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?

    不動産会社経営

    売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?
  2. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。
  3. 儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

    不動産会社経営

    儲かる建売会社になるための究極の決断とは?
  4. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

    不動産マーケティング

    売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。
  5. 価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。
PAGE TOP