売れる不動産広告のつくり方


あなたは不動産の集客でこんな間違いをしていませんか?

不動産の集客をするとき

  • なぜ、カッコいいホームページをつくっても集客できないのか知っていますか?
  • なぜ、広告代理店にチラシをつくらせても大して集客できないのか知っていますか?
  • なぜ、大量の物件情報を不動産情報サイトに掲載しても集客できないのか知っていますか?

これらは、多くの不動産会社が犯す不動産集客の間違いです。しかし、これらはもっとも致命的な間違いに比べれば取るに足らないものです。その間違いとは、「物件情報をそのまま掲載する」という間違いです。

物件情報そのものに価値があったのは今から30年以上も前の時代です。地元の不動産会社に行かないと情報が入手できない・・・そんな時代には物件情報をそのまま掲載するだけで簡単に集客できました。しかし、今は違います。不動産ポータルサイトはもちろん、小さな不動産会社のホームページでも当たり前のように何千件もの物件情報が掲載されています。そんな情報過多の時代に物件情報をそのまま掲載するとどうなるでしょうか?・・・どれも同じように見えてしまい、何を選んだらいいのかわからなくなってしまうのです。そうです、見込客に「コレだっ!」と思わせる「言葉」と「情報」がないため、問い合わせしたくてもできない「不動産難民」をつくってしまうのです。

では情報過多の現代には、どうすれば見込客からの問い合わせ(反響)を増やすことができるでしょうか? 答えは簡単です。情報をそのまま掲載するのではなく見込客のニーズやウォンツに合わせ魅力的な「言葉」と「情報」で加工して掲載することです。 物件情報は、そのままでは単なる素材です。料理にたとえれば、肉や魚、野菜のようなもの。それだけでは美味しくありません。大切なのは、素材の特徴を活かして「料理」すること。料理の仕方によって同じ素材でも美味しくもマズくもなるからです。

物件情報を料理しろ!

何度も言いますが、物件情報はそのままでは単なる素材です。素材自体で美味しいものもありますが、それはごくわずか。たいていの物件はそのまま食べても美味しくありません。そこで必要になるのが「料理の腕」です。その素材をもっとも喜んでくれる人を想定して、美味しく料理することで素材の価値は何倍にも膨れ上がります。そんな物件情報の料理に必要なのはたったひとつ「言葉」です。言葉を駆使して、物件情報を料理して提供する、それだけで、ありきたりな物件でも一気に反響が取れる人気物件に変えることができるようになるのです。

実をいうと、私たち人間には、”この順番で、ある情報を伝えられると、行動せざるを得ない”という本能的な心理メカニズムがあります。それを物件情報に施すのです。適切な見込客に、適切な言葉を選び、適切な順序で伝えるだけで反響の数はもちろん、あなたが望む見込客を自由自在に獲得できるようになります。

そこで今回、不動産広告の集客力を上げたい、ホームページからの問い合わせをもっと増やしたいという方のために、売れる不動産広告のつくり方【3ヶ月集中プログラム】を開催します。このプログラムでは、不動産知識はもちろん広告知識、人間の購買心理や不動産セールスの極意を学びながら「言葉」で集客力を上げる方法をマスターします。ここで、このプログラムで学べる内容をいくつか紹介すると・・・

  • これを知らないと売れる不動産広告はつくれない! 人が家(モノ)を買うたった2つの理由
  • なぜ広告代理店に頼んでも反響の取れる不動産広告ができないのか?その根本的な理由とは?
  • これさえ覚えれば売れる不動産広告が書ける!学校では教わらない売れる不動産文章の書き方
  • なぜカッコイイ広告をつくっても反響が増えないのか?不動産購入者が広告に求めるモノとは?
  • このひと言で物件の魅力が2割増しになる!あなたの物件の魅力を引き立てる形容詞の使い方
  • 思わず問い合わせしたくなる!あなたの物件の購買意欲をそそる写真の見せ方・撮り方とは?
  • こうすればライバルと同じ物件でも反響が取れる!ライバルを圧倒する不動産広告のつくり方
  • 美辞麗句を並べても不動産は売れない!ネガティブ情報を効果的に利用して反響を増やす方法とは?
  • 不動産広告は一度きりじゃ効果がない!親近感を利用して広告の反響を倍増させる方法とは?
  • パターンを知れば広告づくりはラクになる!見込客にあなたの不動産広告を読ませる12の方法
  • これを伝えるだけで反響数は激増する!今すぐ見込客を行動させるために必須の言葉・情報とは?
  • 不動産業界の常識は世間の非常識!99%の不動産会社が犯す不動産広告の致命的な間違いとは?
  • お金をかけずにブランドを構築する!3ヶ月で地元の専門家として認知される不動産情報の書き方
  • 不動産集客は数より質の時代。冷やかし客を集客しないで本気の見込客を集客する方法とは?
  • 地域密着の小さな不動産会社が「最短・最小コスト」で見込客を集客するマーケティング戦略 etc…

受講者の声

『はじめてお会いしたお客様に「いつもHP楽しみにしています」と言われるようになりました』
『お宅のチラシ面白いね、と言ってくださるお客様が増えました。地元での認知度が一気に上がりました』
『値下げしないと絶対売れないとあきらめていた専任物件が、値下げも値引きもなしで3週間で売れました』
『女性スタッフが手書きで書いたチラシ2,000枚で3,780万円の新築一戸建てが売れました。
『販売図面を手直ししたら売主に「自分の家じゃないみたい。私が欲しくなっちゃう」と言ってもらえた』
『本当にチラシの反応率が2倍以上になりました。これならポスティングだけで月一で契約が取れそうです』
『日当たり良好」の本当の価値がやっとわかった気がします。集客力だけでなく営業力も上がりそうです』
『案内から成約までの期間が1/2〜1/3になりました。最初から買う物件を決めて来るお客様が増えました』
『資料請求されるお客様の客層がとてもフレンドリーになりました。接客がとてもやりやすいです』
『価格につられてというお客様が減りました。見込度の高いお客様が増えたのでやりがいがあります
『1件でも多く物件を掲載することが仕事だと思っていた時代がバカらしく思えます。やはり量より質ですね』
『これからの時代に絶対必要なスキルだと思います。セールスにも応用できるので社員教育に活用します』『地域密着の小さな不動産会社がやるべきことがわかったような気がします。あとは継続だけですね』
『これさえ徹底できれば大手も競合他社も怖くないと思います。地域一番店への道が見えてきました』
『文章のセンスがなくても広告がつくれるのでとても楽です。ダメならすぐに修正できるのも魅力です』

現実的にどんなメリットがあるのか?

次に、今回のプログラムで学べるノウハウによって、あなたはどの程度のリターンを受け取ることができるのか?これについてお伝えします。参加者によって知識や経験、取り扱っている物件の単価は異なります。ですから、人にもよりますが、よくあるケースとしては、現状の反響率が2倍程度にアップするということはごく普通に起こります。チラシ1万枚で1件しか反響が取れなかった人が2件、3件にアップすれば、成約率が同じなら当然、売上も2倍、3倍になるということです。つまり、このプログラムを確実にマスターすれば、あなたは広告宣伝費も人件費も増やすことなく、今の売上を2倍、3倍に伸ばすことができるようになるということです。それだけではありません。このプログラムではターゲットに合わせた最も効果的な広告媒体の選び方も学べます。そのため、必要最小限の広告宣伝費で集客できるようになり、広告宣伝費を大幅に削減することができるようになるのです。

ただし、このような方はご遠慮ください。

一つだけお断りしたいことがあります。非常に大きな効果が期待できるプログラムですが、私としては真面目な人を応援したいと思ってこのノウハウを公開するつもりです。二束三文の物件を言葉巧みに高値で販売するような方には教えられません。モラルを守れる方だけご応募ください。

無料広告カウンセリングをお申し込みください。

本来であればどのようなプログラムなのかもっと詳しく説明すべきですが、ここでは十分伝えられません。そこで真剣にこのプログラムに参加をお考えの方(不動産会社)に無料カウンセリングを行います。なぜ、あなたの不動産広告は反響が取れないのか?なぜ、成約率の高い見込客が集客できないのか?無料広告カウンセリングでご判断ください。

あなたの前には2つの道があります。

ひとつは、ここに書いてあることはすべて忘れて今までのやり方で集客を続ける道です。今の集客力、今の売上で満足できる、これからも今までのやり方で十分集客できるとお考えなら、それも一つの決断です。

もうひとつは、売れる不動産広告のつくり方に取り組む道です。私や私のクライアントが総額数億円もの広告宣伝費を使い、試行錯誤しながら導き出した「売れる不動産広告づくりのエッセンス」を直に私から学ぶ道です。業界トップクラスの反響率と成約率を身につけることで、集客だけでなくライバルに対して圧倒的に優位なポジションを築くことができる道です。

最後にあなたに、20世紀最大の理論物理学者、アインシュタインの言葉を贈ります。

「ゲームのルールを知ることが大事だ。そしてルールを学んだあとは、誰よりも上手にプレイするだけだ。」

You have to learn the rules of the game.
And then you have to play better than anyone else.

上手くいくやり方があるのなら、まずはさっさと取り入れてみる。そのやり方を熟知し、誰よりも上手にできるようになることが成功への近道になる、といったところでしょうか。

どちらの道を選ぶかは、あなた次第です。
賢い選択をしてください。今、ここでの選択がこれからのあなたの将来を決めます。

あなたのお申込みを心からお待ちしています。

不動産マーケティング研究所  代表 西村伴之

 

【講師】西村伴之(にしむらともゆき)   不動産マーケティング研究所 代表  1962年生まれ、岐阜県出身。立命館大学法学部卒業。卒業後はマンション分譲最大手に就職、営業を学ぶ。その後、海外不動産業務に従事、ハワイ、マイアミ、ニューヨークのコンドミニアムをはじめアトランタのホテル売買等を手がける。バブル崩壊後は国内の不動産仲介業務に従事。大手不動産会社を経て1993年独立。その後、2000年に不動産業界初となる仲介手半額の不動産情報サイト“e-住み替え”を立ち上げる。“e-住み替え”は今までの不動産業界の常識を打ち破る画期的なサイトとして各種マスコミに紹介され一躍人気サイトに。この頃から不動産セールスライターとしても活躍。わずか1年で会員数4,000名超、メルマガ購読者6,000名超という人気サイトに成長させる。現在はそれらの経験を活かして不動産マーケティング研究所を主催。不動産会社向けのマーケティングセミナーやセールスライティング、経営者向けのコンサルティングを行っている。著書に「こうすれば住宅ローンが10年で返済できる」がある。

 

無料カウンセリング

追伸、「明日でいいや」と先延ばしにしないでください。プログラム受講前に無料カウンセリングを受けられるのは10社だけです。この機会を逃さないよう、今すぐお申込みください。

無料カウンセリング

 

  1. 不動産会社経営

    パワハラと不動産会社の未来。
  2. 新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。
  3. あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?

    不動産集客

    あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?
  4. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  5. レインズでわかる!あなたの物件の認知度。

    不動産広告

    レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。
PAGE TOP