不動産会社経営

伸び代のある経営者とは?

以前、ある経営コンサルタントがこんなことを言っていました。それは、

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

調べてみるとこれは、ドイツの初代宰相ビスマルクの言葉。正確には、「愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む。」また、ビスマルクは、「賢者は愚者に学び、愚者は賢者に学ばず」とも語ったそうです。

賢明な者は他人の言動や考え方からも学び、大きく成長するが、独りよがりな愚か者は他人の言動や考え方を受け入れず、成長しない、と言いたかったのかも知れません。

コンサルタントをしていると多くの経営者に会います。みなさんそれなりのビジネスをしてきた方ばかり。それなりの経験も実績もある方ばかりです。そんな経営者を見てきて思うことは、その人の伸び代です。この人は伸び代があるなぁ、と感じる人もいれば、この人はこれが限界かなぁ、と感じる人もいます。

その差は、学び方です。伸び代がないなぁと感じる人の学び方は、自分でやってみないとわからないという人。すべてを自分でコントロールしようとする人です。

社長が全てを取り仕切る、自分がやらないと気が済まないという経営者は、成功しないとは言いませんが、成功するためのスピードが遅くなります。または、成功するために多大なリスクを負うことになります。

そりゃそうです。経営者はスーパーマンではありませんから得意なこともあれば、不得意なこともあります。不得意なこと(知らないこと)まで自分でやるわけですから上手くいかないことがあるのは当たり前。失敗するのは当たり前だからです。

それに対して、伸び代がある人は、他人の意見を素直に聞ける人。他人の経験から学べる人です。そんな人は、成長のスピードが格段に早くなるだけでなく、リスクも減ります。

何しろ、他人が失敗した道を避けて通れるのですから、これ以上早く安全にゴールにたどり着く方法はありません。それなのに、素直に人の意見を受け入れられない経営者があまりにも多い。

裏を返せば、素直に他人の経験から学べる経営者は圧倒的な結果が出せる経営者になれる確率が高いということ。自分に能力がなくても、他人の能力を上手く利用することで名経営者になれるということです。

まずは、自分で全てを取り仕切る、自分で全てをやるという習慣を捨てましょう。それだけで、今までの苦労から解放されます。こんなはずじゃなかった・・・という人生から解放されますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  2. 一筋縄では売れない新築分譲住宅の売り方。
  3. 売れない新築分譲住宅に共通することとは?
  4. 売れない新築一戸建て、値下げ前にすべきこと。
  5. なぜあの不動産会社は急激に業績を伸ばせたのか?

関連記事

  1. 不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」

    不動産会社経営

    不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」

    ビジネスとは不思議なもので、努力をしたからといってすぐに報われるもので…

  2. 不動産仲介業者をリスペクトしていますか?

    不動産会社経営

    不動産仲介業者をリスペクトしていますか?

    建売業者さんと仲介業者さんは、本来パートナーであるべきです。しかし、そ…

  3. あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。

    不動産会社経営

    あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。

    中小企業が成長するうえで欠かせないのが、人材採用。どんな人材を採用でき…

  4. 不動産経営者注目!あの伝説の工務店が犯した失敗とは?

    不動産会社経営

    不動産経営者注目!あの伝説の工務店が犯した失敗とは?

    ある地方に伝説の工務店があります。今から16年前に社長一人ではじめた工…

  5. チームの生産性を上げるコツとは?

    不動産会社経営

    チームの生産性を上げるコツとは?

    仕入れにしろ、販売にしろ、営業成績のいいチームと悪いチームというのが存…

  6. 建売業界に迫る不都合な事実。

    不動産会社経営

    建売業界に迫る不都合な事実。

    先日、ある記事を見ていたら興味深い統計がありました。業界人としては…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  2. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

おすすめの記事

  1. 不動産ビジネスを最短距離で成功させるには何が必要か?
  2. 選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?
  3. 不動産売却、成功する値下げのための3原則。
  4. バブル世代の価値観が通用しない理由。
  5. 儲かる建売会社へ体質改善しませんか?
  1. 残念!こんな不動産の値下げは失敗する。

    不動産マーケティング

    残念!こんな不動産の値下げは失敗する。
  2. 購入者の属性、把握していますか?

    不動産マーケティング

    購入者の属性、把握していますか?
  3. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    不動産会社経営

    社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  4. 購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。

    不動産売却

    購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。
  5. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    不動産広告

    不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。
PAGE TOP