1. 不動産マーケティング

    昔の常識に惑わされていませんか?

    以前、コンサルティングをしたあるクライアントさんの話。大きな会社ではないのですが、地元ではそこそこ実績のある建売業者さん。通常は、小さな(1棟〜4棟)現場が多いのですが、その物件は10棟現場。会社としてはかなり大きな現場でした。社運を賭けてとまでは行きませんが、かなり気合いの入った現場。建物も通常よりワンランク上に設定。自社の代表的な現場になるよう力を入れて開発しました…

  2. 不動産マーケティング

    アラサー世代が好むインテリアとは?

    建売住宅の購買層といえば圧倒的に30代。だとすれば、30代の趣味嗜好を知ることは、売れる建売住宅をつくる上でとても重要です。しかし、30代の主婦のホンネ…

  3. 営業マンを一瞬でいい人にする方法。

    不動産マーケティング

    営業マンを一瞬でいい人に変える方法。

    日に日に寒さを感じる季節になってきました。これからの季節、現地販売は結構辛くなってきますが、そんなことも言ってられません。なんとか年内に完売して気持ちよく新…

  4. 不動産マーケティング

    物語が売上を伸ばす時代。

    わが家のすぐそばでスウェーデンハウスの新築工事がはじまりました。 目と鼻の先の物件なので興味津々。愛犬の散歩がてら、毎日のように現場をチェックしているのです…

  5. 不動産マーケティング

    残念なオープンハウス。

    以前から気になっていた物件があります。場所はイマイチですが、建物の商品企画は面白い。どんな物件になるのかと期待していたのですが、期待を裏切らない出来栄えの物…

  6. 不動産広告

    過去の失敗にとらわれていませんか?

    コンサルティングをしていると2つのタイプの経営者に出会います。 過去にとらわれる経営者と過去を引きずらない経営者です。 一般的には、年齢が高いほ…

  7. 不動産マーケティング

    選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?

    建売住宅や建築条件付きの売地の販売でよく建売業者さんが陥るのが、選択肢の罠です。   選択肢の罠とは、カラーセレクトや商品セレクトをたくさん用意すること…

  8. 不動産マーケティング

    その色使い、間違っていませんか?

    多くの建売住宅を見ていると立地や価格は問題ないのに「この家は売りにくいなぁ・・・」という家があります。それが、配色の悪い家。外観はもちろん、室内のインテリアも色…

  9. 不動産マーケティング

    なぜ建売住宅は売れたり、売れなかったりするのか?

    建売住宅の業界は不安定です。 売れる時もあれば、売れない時もある。ろくに営業もしないで売れる物件もあれば、必死に営業しても売れない物件もある。だから、博…

  10. 建売業者も営業力の時代。

    不動産マーケティング

    建売業者も営業力の時代。

    売れ行きが悪い時、多くの売主は売れない理由を自分のせいにします。価格が高い企画が悪い設備が悪い立地が悪い日当たりが悪い、等々もちろん自社…

おすすめ記事

  1. 不動産広告は3ヒット理論でつくれ!
  2. これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!
  3. 売れる不動産広告は一日にしてならず。

最近の記事

  1. あなたの不動産会社が停滞している根本的な理由。
  2. 不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。
  3. アラサー世代が好むインテリアとは?
  4. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。
  5. ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?
  1. 売れない建売住宅は第一印象に賭けろ!

    不動産売却

    売れない建売住宅は第一印象に賭けろ!
  2. 大手不動産会社と中小零細建売会社の戦略の違い。

    不動産会社経営

    大手不動産会社と中小建売会社の戦略の違い。
  3. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

    不動産マーケティング

    これさえ抑えれば、建売住宅を売るのはカンタンです!?
  4. 不動産チラシの基本7原則

    不動産広告

    広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?
  5. ディズニーランドと不動産マーケティング。

    不動産マーケティング

    ディズニーランドと不動産マーケティング。
PAGE TOP