新築分譲住宅「即日完売の法則」


即日完売する建売住宅の売り方を無料で知りたい人は他にいませんか?

「いい家をつくっているのに、昔のように売れなくなってきた…」「 最近、事業計画書通りの価格、販売期間で売れたためしがない… 」「売れるかどうかは売り出してみないとわからない、ビジネスがギャンブルのようになっている… 」こんな悩みをお持ちの建売業者さんへ。

こうすれば必ず売れる、そんな勝利の方程式を持っていますか?

あなたは、こうすれ売上が伸びる、こうすれば経営が安定する、という勝利の方程式を持っていますか?もし、あなたがビジネスの羅針盤となるような勝利の方程式を持っているなら、このページは不要です。今すぐ他のサイトをご覧ください。

しかし、もしあなたが、確固たる勝利の方程式を持っていないなら、今まで信じてきた勝利の方程式に疑問を感じているなら、このページは重要です。最後までお読みください。

はじめまして。不動産マーケティングコンサルタントの西村伴之です。私の仕事は、建売業者さんの業績アップ。商品企画から、販売ツールの作成、従業員、幹部社員の教育に至るまで、業績アップに関わるすべての相談を受けています。その数、数百件。なかには「あと3か月しか持ちません、なんとかしてください」という深刻なものもあります。

しかし、大抵は「どうすれば◯月までに完売できますか?」という相談がほとんど。会社の規模も、場所も、スタッフもスキルも、建物もバラバラの建売会社に対して、私は20分以内に具体的な解決策を提示できます。

私は天才?

正直に告白しましょう。私は、天才どころか超のつく凡人。一応、大学は出ていますが、成績は・・・。しかし、こんな凡人の私でも、数百件もの差し迫った相談に、ない頭を絞っていると、わかってくることがあります。それは、ビジネスにはルールがあるということです。

麻雀にしろ、将棋にしろ、トランプにしろ、ゲームをはじめる前にはルールを覚えますよね。ルールを知らずにゲームをはじめても、ルールを知っている人に勝つのは至難の業。たまに、まぐれで勝つことはあるかもしれませんが、勝ち続けるのは不可能です。

ゲームに勝つためにはルールを熟知することが必須ですが、建売住宅販売というビジネスゲームでは、ルールを熟知している人はほとんどいません。たいていは自分が信じているルールで戦っているだけ。昔、勤めていた会社で覚えたルールを正しいルールだと思い込んで戦っている人ばかりです。

問題はそれだけではありません。ビジネスゲームのルールは時代と共に変化していることです。昔、正しかったルールも今では通用しないものもたくさんあります。だから、常に最新のルールにアップデートすることが必要なのです。

つまり、建売住宅販売というビジネスゲームに勝つには、最新のルールを覚えることが基本。基本ができていない限り、ゲームに勝ち続けるのは困難だということです。一世を風靡した建売会社が、いつの間にか消えてしまうのは、いつまでも昔のルールで戦っていたから。時代と共に変わる最新のルールにアップデートしなかったからです。

そこで私は、徹底的に建売住宅販売のビジネスルール(成功法則)を研究しました。研究と言っても、本があるわけでも、マニュアルがあるわけでもありません。売れてる建売会社と売れてない建売会社の違いを考え、ひたすら実務を通して、仮説と検証を繰り返すだけ。時には、売れてる会社の社長さんや従業員の方にお話しを伺うこともありますが、意外なことに売れてる会社でもその理由を明確に説明ができる人はいません。

「うちは建物がいいから」「うちはデザインがいいから」「うちは営業力があるから」「うちは仕入れが上手いから」等々、いろんな理由を教えてはもらえるのですが、建物が良くても売れてない会社もあります。デザインが素敵でも売れてない会社もあります。営業力があっても、仕入れが上手くても、売れていない会社もあります。要するに、そんな単純な理由で売れるかどうかは決まらないということなのです。

正直、何度も挫折しました。

「これだっ!」という成功ルールが見つかっても、ある会社では上手くいっても、違う会社では上手くいかないということがしょっちゅうだからです。

そこで視点を変えました。建売業界での成功パターンではなく、異業種で成功しているパターンを研究するようにしたのです。本当の成功者は、どんなビジネスをやっても成功します。どんな商品でも、どんな場所でも売れるのが本当の成功者。なぜなら彼らは業界、商品、場所を超越して成功する売り方のルールを知っているからです。

そうして異業種にも注意を払いながら試行錯誤していくと、あるルールが見えてきました。それが今回ご紹介する新築分譲住宅「即日完売の法則」です。

新築分譲住宅の販売は、初動がすべてです。「発売と同時にどれだけ売れるか」がその後の売上を左右します。これは、AppleのiPhoneやソニーのテレビゲーム、ハリウッドの映画なども同じ。つまり、これらの業界で爆発的に売っている会社は成功するルールを知っているということ。上手くいっている会社の売り方には共通点があるということです。それを徹底的に研究し、建売業界用にアレンジしたのが新築分譲住宅「即日完売の法則」です。

この法則に気づいてからというもの、業績アップの確率は驚異的に高まりました。実際、私のアドバイス通りに実行したクライアントのほとんどが短期間で業績アップに成功しています。

では、この新築分譲住宅「即日完売の法則」を利用するとどうなるか、簡単に説明しましょう。

・ギャンブルのような一発勝負の売り方から決別できます。
青田(土地)の早い段階で売れ行きが予想できるので、売れ行きが悪そうだと思えば、途中で修正することができます。そのため完成在庫になるリスクが大幅に削減できます。

・専門家としての地位を確立できます。
この売り方はあなたを地域の専門家としてポジショニングすることができるので、あなたの会社をブランディングするのにとても効果的です。その上、この売り方を続ければ続けるほどあなたの専門家としての地位が上がるので、ライバルに対して参入障壁を築くことができます。

・営業マンがいなくても見込み客を獲得できます。
この売り方を実践すれば営業マンのいない会社でも優良な見込み客をどんどん獲得できます。その上、売り込み営業が必要ないので営業経験の全くない社員でも成約することができます。

・売れる物件がつくれるようになります。
この売り方を実践すると、住宅の購入を真剣に考えているお客様の生の声がたくさん聞けます。だから、自然に売れる物件とはどんなものかわかるようになります。

・ライバルもパワービルダーも怖くなくなります。
99.9%の建売業者がまだ知らない、もしくは知っていても実践していない売り方なので、マスターすれば一気に地域No. 1に駆け上がることができます。価格競争から抜け出せるのでパワービルダーも怖くなくなります。

・利益率が大幅に上がります。
この売り方は人間の根源的な欲求や行動心理を利用した売り方です。そのため見込み客には値引きを要求するという発想が浮かびません。あなたの提示する価格で感謝されながら売却できるので利益率が大幅に改善します。

但し、「即日完売の法則」は、ラクしてお金儲けができる勝利の方程式ではありません。どちらかといえば、最短距離で山の頂上に登るための地図のようなものです。だから、行動しない人には無用の長物。価値はありません。しかし、行動する人にとっては、無駄なルートを通って時間を浪費したり、誤って危険な道を通ることがないので安心して頂上までたどり着くことができます。この地図に従って行動すれば「今、何をすべきか」そして「次に、何をすべきか」がステップ・バイ・ステップでわかります。つまり、この地図さえ手に入れれば、あなたの会社はムダな時間やお金を使うことなく着実に建売住宅ビジネスで成功できるということです。

なぜ企業秘密を無料で公開するのか?

さて、私にとっては企業秘密のようなこの勝利の方程式を今回、無料(1回、1時間)でお教えします。通常、私のコンサルティングフィーは1時間50,000円、顧問契約をいただいているクライアントさんからは、1か月25万円のコンサルティングフィーをいただいていますから今回の提案がいかに大盤振る舞いかおわかりいただけると思います。

では、なぜそんな貴重な情報を無料で提供するのか?それは、コンサルタントを利用することでどれだけあなたのビジネスが加速するかを実感して欲しいからです。そして、コンサルティングの魅力を感じた人の何人かは私の顧客になっていただけるのではないかと思っているからです(笑)。

人数に限りがあります。お急ぎください。

この無料コンサルティングは、私のスケジュールの都合上、1週間に1社、1ヶ月で4社が限度です。但し、以下のような方にとっては、この無料コンサルティングは効果がありません。せっかくご応募いただいても時間のムダになるだけですからご遠慮ください。

・会社の現状に満足していて、不安や不満のない方
・会社の売上げを伸ばしたい、安定させたいという意欲のない方
・知識を蓄えるのが趣味で、実践する気のない方

もし上記に該当せず、「売上を伸ばしたい、経営を安定させたい」という意欲をお持ちでしたら、遠慮なくお申し込みください。

建売業界は今、大きな転換期に差し掛かっています。

人口減少問題に、増え続ける空き家問題。住まいに対する嗜好の多様化や、リノベーションの普及による新築への憧れの低下。そして、政府による新築中心の住宅市場から中古住宅流通によるストック型住宅市場への転換など、建売業界を取り巻く環境はここ数年で大きく変わりました。

とりわけ、新築住宅の着工件数の減少は深刻です。
人口減少とも相まって 1996年の約163万戸をピークに年々減り続けています。消費税増税前の特需ですら92万戸程度。今後も減り続けるのは確実で、2030年には約53万戸とピーク時の約1/3になると予想されています。つまり、誰もが儲かった時代は終わったということ。建売業界も共存共栄の時代から弱肉強食の時代に本格的に突入したということです。

そしてもうひとつは、パワービルダーの台頭です。わずか数社の建売会社が業界全体の30%を超えるシェア(地域によっては50%近いシェア)を握るのは脅威以外の何ものでもありません。うちは価格帯が違うから大丈夫、うちはデザイナーズ住宅だから大丈夫というのも幻想です。もし彼らが新しいブランドを立ち上げたり、新しい会社を立ち上げてあなたの分野へ参入してきたら、その時はガチンコで戦わなければならないからです。

つまり、ライバルに勝てる勝利の方程式を持たない建売業者は生き残れないということ。ライバルと差別化できない建売業者は、遅かれ早かれ淘汰されるということです。

今、あなたの前には2つの道があります。

ひとつは、今回の提案を忘れて自分で勝利の方程式を導き出す道です。私がやってきたように、売れてる建売会社と売れてない建売会社の違いを考えて、ひたすら実務をこなしながら、仮説と検証を繰り返すという地味な作業をする道です。気の遠くなるような時間と莫大なお金はかかりますが、達成感はあります。余裕のある人にはいいかもしれません。

もう一つは、まず、私が見つけた勝利の方程式を試してみるという道です。不動産業界に携わって32年のキャリアと、数百件にも及ぶコンサルティングの中から導き出した勝利の方程式を使って、最短距離で地域No. 1のポジションを築き上げる道です。

最後にあなたに、20世紀最大の理論物理学者、アインシュタインの言葉を贈ります。

「ゲームのルールを知ることが大事だ。
 そしてルールを学んだあとは、誰よりも上手にプレイするだけだ。」

  You have to learn the rules of the game.
  And then you have to play better than anyone else.

決められた決まりごとがあるのなら、まずはさっさと取り入れてみる。その決まりごとを熟知し、誰よりも上手にできるようになることが成功への近道になる、といったところでしょうか。

どちらの道を選ぶかは、あなた次第です。
賢い選択をしてください。今、ここでの選択がこれからのあなたの将来を決めます。

あなたのお申込みを心からお待ちしています。

                                                                          不動産マーケティング研究所
                              代表 西村伴之

無料コンサルティング

追伸、「明日でいいや」と先延ばしにしないでください。建売住宅の勝利の方程式を無料で学べるのは1ヶ月4社だけです。この機会を逃さないよう、今すぐお申込みください。

無料コンサルティング

 

  1. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?
  2. あなたの知らない建売業界の不都合な未来。

    不動産会社経営

    あなたの知らない建売業界の不都合な未来。
  3. 中小建売業者を狙うホームページ制作業者にご用心。

    不動産会社経営

    中小建売業者を狙うホームページ制作会社にご用心。
  4. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    不動産広告

    不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。
  5. 実は意外と知らない!権威性を高めて売上を伸ばす方法。

    不動産マーケティング

    実は意外と知らない!権威性を高めて売上を伸ばす方法。
PAGE TOP